2019年10月7日 月曜日

MADD. Award 2020 開催

■テーマ

“Massive and Miniscule”

今年のテーマは”極大(Massive)と極小(Miniscule)”
世の中の極度に大きなものと小さなものを組合せたら、どんな世界が見えてくるでしょうか。
銀河と砂粒。豪雨と水滴。鯨とプランクトン。
ミクロとマクロを併置、対比、連動、融合することで、映像の可能性を広げて行けるのではないでしょうか。
MADD. Award 2020は8Kとスマートフォンを用いた新しい映像表現を募集します。

■応募資格

企業・団体あるいは個人・グループ、年齢、性別、職業、国籍は問いません。

■カテゴリー
  
2カテゴリーで作品を募集します。
    
Cat.1【大型映像】
“Massive and Miniscule”というテーマを「大型ビジョン」で表現する映像作品

Cat.2【大型映像+スマートフォン】
“Massive and Miniscule”というテーマを「大型ビジョン」と「スマートフォンを自由なデバイスとして使用し」表現する映像作品

■賞 

審査員による審査を行い、募集2カテゴリーで優秀賞各1作品を選出
賞金と副賞については、決定次第発表
  
■スケジュール

2019/9〜        募集開始
2019/10〜11       ワークショップ (計3回)
〜2020/2        エントリー/作品提出締め切り
2020/3〜9      作品上映会 (予定)

■ワークショップ

①8Kカムコーダー(8C-B60A)の使い方講座
②大型映像作品制作講座
③大型映像+スマートフォン作品制作のワークショップ

■制作物

Cat.1【大型映像】
-8K解像度(7680×4320)に対応した実写、アニメーション/CG(リアルタイムレンダリングによるものを含む)の映像コンテンツ
-300インチ以上の投影環境を予定
-原則60〜180秒の映像コンテンツ

Cat.2【大型映像+スマートフォン】
-8K解像度(7680×4320)に対応した実写、アニメーション/CG(リアルタイムレンダリングによるものを含む)の大型映像とスマートフォンを用いた映像コンテンツ
-8K映像は、300インチ以上の投影環境を予定
-スマートフォンを「投影する」「操作する」「身体の一部として」等のデバイスとして利用
(利用方法に関しては、特に規定しない)
-スマートフォンに搭載されている各種機能(加速度センサ等)やアプリ等の利用も可能
-原則60〜180秒の映像コンテンツ

■その他
詳細情報については、随時HPおよびSNSで公開いたします。

2019年10月7日
8/3(土)MADD. workshop開催
2019年10月7日
MADD. workshop「大型映像制作講座」開催