TITLE

Private Public

  • Typeリアルタイムレンダリング
  • CONCEPT
    「プライベート・パブリック」
    超高精細フォーマットの8Kはまだ個人で楽しめる環境は少なく、公共空間で楽しむ側面が強い一方、スマートフォンは多くの人々が所有するプライベートの象徴である。
    今回のテーマである8Kとスマートフォンを「パブリックな空間に存在する巨大スクリーン」と「プライベートな手元のデバイス」と捉え、閲覧者が手元のスマートフォンで送ったメッセージがスクリーン上に文字の彫刻として映し出される作品を制作した。
    スクリーンに映し出されるビジュアルでは、個々の文字を認識することは可能だが、意味のある文章として解釈するのは難しい。
    個人の情報が公共の場に出る際のプライベート・パブリックの意味合いを8Kとスマートフォンの関係から考えた作品。
  • 制作環境
    PC(Razer Blade GTX1060)
    TouchDesigner
  • Organization
    NEORT
  • 応募者
    プロフィール
    • 竹元 亮太

      NEORT株式会社代表 / メディアアーティスト。
      デジタルアートの可能性を広げるプラットフォーム「NEORT」の開発を行う傍ら、個人でも作品制作やVJパフォーマンスを行う。
Translate »