TITLE

Down On The Street

  • TypeCG
  • CONCEPT
    体長4mmほどの昆虫を高精細にスキャンすることにより、8Kでの耐えられるクオリティにしています。

    実際自分の目線が2mm程度になった時、どのように見えるかの疑似体験ができます。

    前回に引き続き、STUラボの小檜山先生とのコラボです。

    先生が所有する昆虫の標本を360度撮影し、その写真データからCGを生成する方法と、今回はCTスキャンも使用し複数の昆虫を登場させました。
  • 制作環境
    ソフトウェア:maya2019,Zbrush,Arnold Render,AfterEffects
    ハードウェア:Windows10マシン,ZYNC Render
  • Organization
    株式会社 STU研究所
  • 応募者
    プロフィール
    • 鈴木 毅

    • 小檜山 賢二 

      慶應義塾大学名誉教授。1942年東京生まれ。67年慶應義塾大学工学部電気工学科修士課程修了。同年日本電信電話公社入社。電気通信研究所において、ディジタル無線通信方式の研究に従事。76年工学博士(慶應義塾大学)。92年NTT無線システム研究所所長。97年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。08年慶應義塾大学名誉教授。第41回講談社出版文化賞写真賞(象虫)、電子情報通信学会業績賞、逓信協会前島賞、第21回東川賞新人作家賞、慶應義塾大学義塾賞、Laval Virtual 8th International Conference on Virtual Realityグランプリなど受賞