TITLE

A Drawing for Mom

  • Type実写
  • CONCEPT
    アニメーション作家・黒坂圭太による、手描きのドローイング・アニメーションを超高精細な8K映像で制作することにより、映像にアナログの画材で描かれた絵が保持する絵画鑑賞性を加えることが可能か!を実証するために作品化した。

    絵画鑑賞ではよく見られる〈興味に応じて鑑賞者と画面の距離が変化する〉行動が、映像の視聴体験でも起こり得るのではないと考えた。
  • 制作環境
    スキャナ:CanoScan 9000F Mark II
    編集環境:Adobe After Effects 2020/Adobe Premiere Pro 2020
  • Organization
    株式会社ミストラルジャパン(水由 章)
  • 応募者
    プロフィール
    • 黒坂 圭太

      1956年生れ。アニメーション作家。武蔵野美術大学教授。金沢美術工芸大学非常勤講師。
      描画、写真、立体など、さまざまな技法を用いた短編アニメーション作品を創作。日本のロックバンドDir en grey 『Agitated Screams of Maggots』(2006)、『輪郭』(2012) のミュージック・ビデオを手がける。初の長編アニメーション映画『緑子/MIDORI-KO』(2010)は世界22ヶ国で上映される。主なアニメーション映画として『みみず物語』(1989)、『個人都市』(1990)、『ATAMA』(1994)、『パパが飛んだ朝』(1997)、『マチェーリカ/MATIERICA』(2017)など。