TITLE

日本の美 鎌倉山 擂亭

  • Type実写
  • CONCEPT
    極大(Massive)と極小(Miniscule)をテーマに、日本の美を遠景と近景で表現。

    国登録有形文化財の本館を所有する鎌倉山「らい亭」のご協力を得て、歴史的建造物および四季折々の花や竹林なども見られる回遊式庭園を撮影。

    遠景では、動きの工夫により2次元世界での遠近感を最大限に引き出すことで実際に訪れているかのような臨場感を表現し、近景では、花や苔の寄り映像のミクロな世界をアンフォーカスに撮ることで神秘性を表現しました。

    近景の神秘性が、遠景の臨場感をさらに高める効果があると考えております。
  • 制作環境
    カメラ:8Kカムコーダー 8C-B60A3
    レンズ:25/35/50/85mmシグマレンズ
    編集:Davinci resolve
  • Organization
    株式会社ソシオネクスト
  • 応募者
    プロフィール
    • 小池 晃

      1967年生まれ
      1990年にシャープ株式会社に入社
      テレビ設計を経て、液晶テレビ画質設計責任者として初代AQUOS~8K-AQUOSまで絵作りを担当。
      AQUOSの性能や高画質を訴求するための製品プロモーション映像制作も携わる。
      2017年に株式会社ソシオネクストに入社。
      ソシオネクストは半導体メーカーであり8Kソリューションチップを開発しており、8Kチップの性能を表現する為のプロモーション映像制作を手掛け、顧客からの映像制作も請け負う。